ボイス動画・ゲーム作成支援ツールHachi

シナリオコマンドについて

シナリオコマンド一覧

:[文章]

直前行の読みを指定します。

例)  帝国撫子型アンドロイドHachi  :ていこくなでしこがたアンドロイドハチ

@[文章]

直前行の読みを「音声記号(AquesTalk系)」または「読み仮名」で指定します。

例)  帝国撫子型アンドロイドHachi  @テイコク/ナデシコ/ガタ/アンドロイド/ハチ/  

;[";" x ウェイト数]

待ち時間を追加します。セミコロン1個につき約0.5秒のウェイトが入ります。

例)2秒待つ  ;;;;  

*bgi=[画像|動画ファイル名](,chromakey=0:0:0)

背景画像若しくは動画を読み込みます。指定されたファイルが見つからない場 合、Hachiのあるフォルダの"material\bgi"フォルダを探しに行きます。

*bgm=[音声ファイル名]

BGMを読み込みます。再生は動画の最初から最後までループします。指定された ファイルが見つからない場合、Hachiのあるフォルダの"material\bgm"フォルダ を探しに行きます。

*chara=[キャラクタ名](.[設定ファイル名],パラメータ1,パラメータ2…)

〇ボイスを読み上げるキャラクタを指定します。"."(ドット)をつけることで 設定ファイル名を指定することができます。

例)ハチに読み上げさせます。  *chara=hachi

例)不破寺真九郎に、設定ファイル"game.txt"を使って読み上げさせます。  *chara=不破寺真九郎.game

〇カンマで区切ることで、パラメータを指定することもできます。設定可能な パラメータは、キャラクタ設定ファイルの項目と同じです。

例)別ボイスを指定  *chara=hachi,ボイス:Microsoft Haruka Desktop

*charafolderr=[キャラ素材フォルダへの絶対パス]

キャラ素材フォルダを指定することができます。※シナリオの冒頭で使用して ください。

例)立ち絵フォルダを使う。  *charafolder=c:\hachi\character\立ち絵

*fgi=[画像|動画ファイル名](,chromakey=0:0:0)

前景画像若しくは動画を読み込みます。指定されたファイルが見つからない場 合、Hachiのあるフォルダの"material\fgi"フォルダを探しに行きます。

*jimaku=[1~…]

字幕プレートを表示します。6種類の字幕プレートが用意されています。 (マテリアルパックを導入すると更に増やせます)Hachiと同じフォルダにある "material\textframe"内に、プレートの画像が保存されています。ここに番号 を付けたPNG画像ファイルを保存することで、独自のプレートを追加することも できます。その場合は、100番以降をご利用ください。それ以下の場合、作者が 新たに追加した字幕プレートの番号と重複して上書されてしまう場合があります。

*language=[JPN|ENG]

シナリオ冒頭に記述することによって、禁則処理を日本語(JPN)にするか英語 (ENG)にするかを指定することができます。

例)  *language=ENG

 *mouth=[動画ファイル名]

現在のキャラクタの口パク動画を指定します。動画ファイルはwmv以外でも AviUtlで編集可能なものを指定することができます。

例)  *mouth=talk.mp4

*movie=[動画または画像ファイル名]

現在のキャラクタの所作動画・画像を表示します。動画ファイルはAviUtlで編 集可能なものを指定することができます。

例)カットインを2秒入れる。  *movie=カットイン.mp4

*outputfolder=[出力フォルダへの絶対パス]

出力フォルダを指定することができます。※シナリオの冒頭で使用してくださ い。

例)"c:\hachi\output3"に出力する。  *outputfolder=c:\hachi\output3

*sound=[音声ファイル名]

音声ファイルを読み込みます。このコマンドの直下の行が、音声再生時の字幕 として表示されます。


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS