最新情報

var3.5

@@Readingout/@@Readingcharaコマンドが追加されました。★

テキスト加工で指定することにって、行単位に分割されたファイルがReadingフォルダに 生成されます。

マストドン(Mastdon)SNSの読み上げに対応しました。

使い方)

  • [Live]タブを開き、接続先URL、ID、パスワードを入力して接続します。
  • 設定をconf.txtに記述しておくことで、既定値として利用できます。

ver3.4

Youtube Liveチャット読み上げに対応しました。

使い方)

  • [Live]タブを開き、Youtube Live APIキーとYoutubeチャンネルIDを入力して接続します。
  • キーとチャンネルは設定ファイル(conf.txt)に記述しておくと既定値となります。

ver3.3

VOICEROID+EXシリーズ対応

VOICEROID+EXシリーズのボイスに対応しました。

設定)

  • conf.txt([設定]→[ツール設定])でVOICEROID+のインストールフォルダを指定します。
     
     例)voiceroidpath=C:\Program Files (x86)\AHS\VOICEROID+
     ※VOICEROID+までのパスを記述してください。
     
  • Hachi++を再起動すると《ボイス選択リスト》にインストールされているVOICEROID+の一覧が表示されます。
  • 音量・速度・音程・抑揚を指定する場合は、VOICEROID+設定値の100倍で行います。
例)VOICEROIDの設定 1.11 → Hachi++の設定 111

ver3.2

Readingフォルダによる読み上げ機能

Hachi++の直下にあるReadingフォルダ内にあるテキストを自動的に読み上げていきます。Youtubeやニコ生のコメント取得ツールと連携することで、ライブ配信時のキャラ読み上げに利用できます。

設定) 必須ではありませんが、以下の設定が利用できます。

  • TIMER_INTERVAL=[秒数]
    読み上げサイクルの待ち時間を指定します。
  • READINGOUT_DICTIONARY=[置き換えファイルのパス]
    文字の置き換えを指定します。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS