Hachi入門

Hachiについてざっと全容を知りたい方や初めてHachiを使う方に向けたマニュアルです。


0.Hachiの基礎知識

Hachiって何?

 基本的にHachiは[ ボイス生成 ]ツールです。入力されたテキストからゆっくりボイスやCeVIO・VOICEROID等の合成ボイスを作ります。 「どうせボイスを作るなら、それを使った動画やゲームも作れたら良いな」ということで様々な機能が追加されています。

追加された機能としては以下のようなものがあります。

 動画作成/ノベルゲーム作成/RPGツクールMV会話イベント作成/MikuMikuDance?マクロ操作/ライブ読み上げ/コミPo!ネーム入れ/  テキストスクロール動画生成/自動文書作成

 このマニュアルでは主として「動画作成」部分について記述していきます。その他の機能については最後に簡単に紹介します。  詳しくお知りになりたい場合はWikiの方をご参照ください。

Hachiの基礎知識1 動画作成2つの方法

 Hachiで動画を作成する場合、[ 貼り付け方式 ]と[ シナリオ読込方式 ]の2つの方法があります。

貼り付け方式

 都度セリフを入力しながらタイムライン上に口パク動画を貼り付けていく方法。ゲーム実況動画のように、他の動画とタイミングを合わせる必要がある場合に向いています。

シナリオ読込方式

 テキストファイルを読み込ませて一気に動画生成する方法。小説や脚本の朗読といった長い文章からなる動画の作成に向いています。

Hachiの基礎知識2 シナリオについて

 Hachiで何かを作る場合に最も重要なポイントは「シナリオについて知ること」です。シナリオは単なるテキスト文書(UTF8形式)で作られたファイルなのですが、Hachiにおいてはシナリオとテキストは違うものと考えてください。

 テキストは単に文章が記述されたもの。シナリオはテキストにHachiに対する指示が入っているものということになります。

テキスト ⇒ 単なるテキスト文書

シナリオ ⇒ テキストにHachiへの指示(シナリオコマンド)を記載したもの。


 Hachiではテキストでもシナリオでもボイス動画を生成することができます。単なるテキストをHachiに読み込ませると、デフォルトキャラでボイス動画が生成されます。そのテキストに「どのキャラクタに読ませる」や「背景やBGMを指定する」といった指示を加えればシナリオになります。

 単なるテキストを読み込ませて動画を作っていると「読み間違い」が発生することがよくあります。以下に例を見てみましょう。

例)あちら方を見て、彼らが行ったことを確認した。
  あちらのかたをみて、かれらがおこなったことをかくにんした。
  あちらのほうをみて、かれらがいったことをかくにんした。

 上記の例では「方」と「行」の読み方が曖昧なため、自分の思っていたように読み上げられないことがあります。読み方を明確に指定するために、Hachiでは読み仮名を指示することができます。

例)あちらの方を見て、彼らが行ったことを確認した。
  :あちらのほうを見て、彼らがいったことを確認した。

 このように次行に" : "(半角コロン)をつけることで読み方を指定することができます。この" : "のようなHachiに対する指示を[ シナリオコマンド ]と呼んでいます。

補遺:
 Hachiのトップ画面の左下にある[ テキスト加工 ][ シナリオ読込 ][ 作成 ]の3つのボタンは、このテキストとシナリオについての区別が関連してきます。詳細は動画作成のところに記載しますが、それぞれの機能については以下のようになっています。

[ テキスト加工 ]

テキストを読み込んでシナリオに変換したシナリオファイルを出力します。

[ シナリオ読込 ]

シナリオファイルを読み込んで動画を生成します。

[ 作成 ]

[ テキスト加工 ]と[ シナリオ読込 ]を連続して実行します。

Hachiの基礎知識3 口パク2つの方法

 Hachiではexoファイルを生成することでAviUtl上での動画編集や出力を行うことができます。HachiではAviUtlで口パクを実現するために、音声反応方式とオブジェクト追加方式の2つの方法を用意しています。

音声反応方式

  • 生成されたボイスの音声に反応して口パクする。
  • イラストによるキャラ素材での口パク向け。
  • 1つのキャラにつきAviUtlに追加される動画オブジェクトは1つ。

オブジェクト追加方式

  • 1つのキャラにつき待機状態と口パク状態の2つの動画オブジェクトがAviUtlに追加される。
  • ボイスオブジェクトが存在する間は口パク状態になり、それ以外は待機状態の動画が表示される。
  • 動画によるキャラ素材での口パク向け。


1.セットアップ

ここでは簡単にセットアップの手順を解説します。詳細についてはインストールをご参照ください。

Hachiのセットアップ

  • 1. Hachiをダウンロードします。
  • 2. Zip版の場合は任意のフォルダに解凍、Installer版は指示に従ってインストールを進めてください。
  • 3. 初回起動時に最新版にアップデートを行います。※環境によってはHachiを管理者権限で起動する必要があります。
  • 4. Hachiを起動して[ 出力 ]ボタンをクリックし、ボタン左側のメッセージがゆっくりボイスで再生されることを確認します。


AviUtl及びプラグインのセットアップ

  • 1. AviUtlのお部屋からaviutl100.zipとexedit92.zipをダウンロードしてそれぞれ解凍します。次にexedit92の解凍ファイルをすべてaviutl100の解凍フォルダにコピーします。
  • 2. L-SMASH Worksをダウンロードして解凍します。ファイル名の頭にlwが付いているものをaviutl100の解凍フォルダにコピーします。


音源の追加

各種音源をHachiで使うための設定を記載します。ゆっくりボイス(AquesTalk)及びOpenJTalkはデフォルトで付属しています。

Microsoft Speech

Microsoft Speech PlatformRuntaime Languagesをインストールします。特に設定は必要ありません。

CeVIO

CeVIOをインストールします。特に設定は必要ありません。

VOCALOID+EX

VOCALOID+EXをインストール後に下記の設定を行います。

設定

  • 1. conf.txt([設定]→[ツール設定])でVOICEROID+のインストールフォルダを指定します。
     例)voiceroidpath=C:\Program Files (x86)\AHS\VOICEROID+
     ※VOICEROID+までのパスを記述してください。
  • 2. Hachi4.0を再起動すると《ボイス選択リスト》にインストールされているVOICEROID+の一覧が表示されます。
  • 3. 音量・速度・音程・抑揚を指定する場合は、VOICEROID+設定値の100倍で行います。
    例)VOICEROIDの設定 1.11 → Hachi4.0の設定 111

UTAU音源(唄詠)

唄詠でUTAU音源を導入します。特に設定は必要ありません。


2.はじめてのHachi動画

AviUtlを起動して画面右下の[ AviUtl ]ボタンをクリックします。こうすることで動画作成時に自動的にAviUtlが起動するようになります。



サンプルファイルから動画を作成

Hachiトップ画面の左下にある[ 作成 ]ボタンをクリックして、Hachiのフォルダ下のサンプルフォルダにある" サンプル.txt "を読み込んでみましょう。exoファイルが生成され、自動的に起動したAviUtl上に読み込まれます。再生して動画を確認しましょう。

無事に再生が確認できたら、サンプルファイル内の文章部分を変更して[ 作成 ]してみましょう。今の時点ではとりあえずシナリオコマンドは無視して、文章を変えるだけで簡単に動画が出来る感覚をつかんでください。


3.貼り付ける方法による動画制作(ゲーム実況動画の作成例)




4.シナリオを使った動画制作(朗読動画の作成例)




5.キャラクタの設定変更とオリジナルキャラの作成

キャラクタ設定についての概要



キャラクタの音声を変更してみる。



キャラクタの画像を変更してみる。



字幕表示を変えてみる。




6.テキスト加工の使い方




7.シナリオコマンド詳細




8. その他のHachi設定

Memo



辞書




9.Hachiでの動画作成Tips

キャラ素材作成支援 Rouga



音量の均一化ツール Normalize



さくらエディタでシナリオ編集




Hachiの動画生成以外の機能


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS